メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

歴史戦と思想戦-歴史問題の読み解き方 /京都

 <活字を楽しむ>

 (山崎雅弘著 集英社新書、920円(税抜き))

 デンマークのオーフス市で8月31日、市出身のベルンハルト・アルプ・シンドバーグ(1911~83)の銅像の除幕式があったと、英国放送協会(BBC)は報じた。

 シンドバーグは26歳だった1937年、中国南京市でデンマーク資本のセメント工場の警備員をしていた時、旧日本軍の南京事件に遭遇し、数多くの中国人住民をかくまい命を救った。功績をたたえ、死後36年たって中国側が像を寄贈。式にデンマーク女王マルグレーテ2世も参列した。

 BBCの報道に対し、ネットでは「日本軍から逃げた中国軍が南京から退く際、住民に危害を及ぼしたのでは…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです