メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川端康成コレクション 文豪の“宝”姫路に集結 市立美術館と文学館で展示 /兵庫

日本文学の大家らの書跡が味わえる川端康成コレクションの展示=兵庫県姫路市の姫路文学館で、幸長由子撮影

 日本人初のノーベル文学賞受賞者で、美術品収集家でもあった川端康成(1899~1972年)の所蔵品を集めた「生誕120年文豪川端康成と美のコレクション展」が14日、姫路市立美術館(同市本町)と姫路文学館(同市山野井町)で始まった。国宝2件を含む絵画や書、文人の書簡などが並ぶ。川端コレクションの展示としては過去最大規模という。11月4日まで。【幸長由子】

 川端コレクションは、古美術から近現代美術、日本画から西洋絵画まで幅広い。美術館では、池大雅と与謝蕪…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです