メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ和歌山

なるほドリ 農産物の産地化って? /和歌山

刈り取られたゴマを脱粒機にかける農機メーカーの担当者と生産者たち=和歌山県橋本市恋野で、松野和生撮影

地域性を付加価値に 品質、ストーリー性もポイント

 なるほドリ 橋本市でゴマ栽培が進められているんだってね。

 記者 地域性を生かした付加価値の高い農産物の産地化を目指しており、その関連でゴマ栽培に取り組むことになりました。

 Q 農産物の産地化というと?

 A 市の農業が抱える課題が背景にあります。耕作放棄地の面積は10年間で83・8%も増加。小規模農家が多いうえ、60歳以上の経営者が8割以上を占めるなど厳しい状況にあります。農産物の生産量が少なくても個々の付加価値を高めることで農家の所得向上に結び付け、農業の魅力アップにつなげて課題の解消を図ろうという狙いです。

 Q どうやって付加価値を高めるのかな。ほかにどんな農産物があるの?

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです