「北朝鮮拉致、現場見て」 米子で映画上映 被害者兄が訴え /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上映前「妹がいつ帰って来られるのかだけを思って暮らしてきた」と訴える松本孟さん=鳥取県米子市末広町で、横井信洋撮影
上映前「妹がいつ帰って来られるのかだけを思って暮らしてきた」と訴える松本孟さん=鳥取県米子市末広町で、横井信洋撮影

 北朝鮮による拉致被害者の家族らの姿を追ったドキュメンタリー映画「めぐみ―引き裂かれた家族の30年」の上映会が、米子市末広町の市文化ホールであり、市民ら約220人が集まった。政府拉致問題対策本部と市の主催。

 上映に先立ち、米子市内の自宅近くで1977年10月21日、行方が分からなくなった松本京子さん…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集