メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日田彦山線の復旧、鉄道望む声相次ぐ JR参加初の住民説明会 副社長「地元負担」譲らず 添田町 /福岡

 2017年7月の九州北部豪雨による一部不通が続くJR日田彦山線の復旧問題で、添田町は13日夜、JR九州が参加する初の住民説明会を彦山地区総合センターで開いた。約80人を前に、前田勇人副社長らがバス転換を含む三つの復旧案について説明。参加者からは元通りの鉄道復旧を望む声が相次いだ。【峰下喜之】

 日田彦山線は添田町から東峰村、大分県日田市にかけての添田―夜明駅間(約29キロ)で、代行バス運行が続く。JR九州は県を交えた復旧会議で、自治体から年間1億6000万円の財政支援を条件とする鉄道(復旧まで4~5年)▽バス高速輸送システムのBRT(同2年)▽路線バス(同半年)――の3案を提案。地元負担のない鉄道復旧を求める3市町村との溝は埋まっていない。

 説明会は、住民の意見集約に向けて添田町が企画。午後7時ごろ、前田副社長が「ご不便ご心配をかけておわ…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです