メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

6万人で埋め尽くされた…

[PR]

 6万人で埋め尽くされたスタジアムのステージに黒い革ジャン姿の男が立った。奇抜なサングラスにオレンジ色のギターを抱えたいでたちはロックスター風だが、本業は中国電子商取引最大手企業の経営だ▲今や株式の時価総額がアジア最大というアリババ集団を築いた馬雲(ジャック・マー)氏である。創業20周年と自身の55歳の誕生日を仲間たちと盛大に祝うと、トップの座から退いた▲それで退任後は何を? 英語教師出身でもある馬氏は、教育や地球環境保全のための慈善活動に注力するという。すでに貧しい農村部の教師や子どもたちの支援に取り組む▲同じく創業者で億万長者のイーロン・マスク氏と対談し、質問したことがある。「なぜあなたは火星に興味があるの? 僕は地球のことが気になる」。マスク氏といえば、ネット決済事業などで成功した後、ロケットや宇宙船の開発を手がけ、火星旅行を目指している▲そのマスク氏が準備中の月旅行に参加の手を挙げたのは前沢友作氏だ。21年前に創業した衣料通販サイトの経営から退き、情熱と蓄積した富を今後は月に注ぐらしい。宇宙に向かう億万長者と地球人救済に傾倒する億万長者▲宇宙派にはマスク氏や前沢氏のほか、アマゾンのジェフ・ベゾス氏が、地球人派には、馬氏やマイクロソフトのビル・ゲイツ氏らが含まれよう。「自分のことを考えるだけでなく、他人のことを考えてください」。そう退任の辞を述べたのは地球人派の馬氏だ。20年後のヒーローは誰か?

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  2. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  3. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  4. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです