メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

女性イラスト人気 江口寿史さん(その2止) イラストに「逃げた」

漫画が並ぶスタジオでインタビューに答える江口寿史さん。本棚には漫画家、ちばてつやさんの色紙が飾られている=東京都武蔵野市で

 

 ◆新作漫画を構想 江口寿史さん

人気重圧、連載に穴

 東京・吉祥寺駅から北に延びるサンロード商店街には6月になると、通路の両脇に女性のイラストを転写したフラッグが飾られる。作者の江口寿史(ひさし)さん(63)はこの夏、「吉祥寺を歩いていそうな女の子」10人を新たに描き下ろした。

 2年前、地元の縁で、商店街役員から直接頼まれ始まった。予算は限られているが、二つ返事で引き受けた。フラッグに反応したのは、江口さんの漫画家時代を知らない若者たちだった。

 江口さんは「この前、散歩していたら、中学生の女子が『かわいい』と言って一緒にスマートフォンで写真を撮っていた。僕の名前も知らない世代が喜んでくれるのがうれしい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り4771文字(全文5080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 維新、衆院「沖縄北方」など特別委の整理要求 無駄削減で改革姿勢アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです