メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

女性イラスト人気 江口寿史さん(その2止) イラストに「逃げた」

漫画が並ぶスタジオでインタビューに答える江口寿史さん。本棚には漫画家、ちばてつやさんの色紙が飾られている=東京都武蔵野市で

 

 ◆新作漫画を構想 江口寿史さん

人気重圧、連載に穴

 東京・吉祥寺駅から北に延びるサンロード商店街には6月になると、通路の両脇に女性のイラストを転写したフラッグが飾られる。作者の江口寿史(ひさし)さん(63)はこの夏、「吉祥寺を歩いていそうな女の子」10人を新たに描き下ろした。

 2年前、地元の縁で、商店街役員から直接頼まれ始まった。予算は限られているが、二つ返事で引き受けた。フラッグに反応したのは、江口さんの漫画家時代を知らない若者たちだった。

 江口さんは「この前、散歩していたら、中学生の女子が『かわいい』と言って一緒にスマートフォンで写真を…

この記事は有料記事です。

残り4806文字(全文5080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです