メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上養殖プラントで出荷するサイズまで育ったトラウトサーモンを手にするFRDジャパンの十河さん=千葉県木更津市で2019年8月7日午後2時43分、椋田佳代撮影

 すしネタなどで人気のサーモンを、海から離れた内陸部で養殖する試みが進んでいる。かつては加熱調理が一般的だったサケ・マスは生食用が広く流通するようになり、その大半を輸入に頼っている。人工の海水を循環させて育てる「陸上サーモン」は輸送コストや環境負荷を抑えられる利点があり、市場が活性化しそうだが、味や価格面で消費者の胃袋をつかむことができるか――。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです