メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級1組 佐々木七段 気迫の4連勝 4回戦、巧みな寄せで快勝

佐々木勇気七段

 <第78期順位戦C級1組 佐々木勇気七段VS阿部健治郎七段、青野照市九段>

 今から15年前、2004年の小学生名人戦にはそうそうたるメンバーが出場していた。東日本大会には神奈川代表で永瀬拓矢叡王、千葉代表で三枚堂達也七段、栃木代表で長谷部浩平四段が出場している。西日本大会には大阪代表で斎藤慎太郎王座、岡山代表で菅井竜也七段、長崎代表で佐々木大地五段が名を連ねている。また、東京多摩代表は伊藤沙恵女流三段で、本戦1回戦で永瀬を破っている。また先日アマ名人戦で優勝した中川慧梧さんも青森代表として出場している。つまり現在、プロもアマも女性もこの世代が活躍しているのだ。そして、優勝したのが埼玉代表の佐々木勇気七段(25)だ。

 佐々木は2年前、藤井聡太七段の29連勝を止めるなど絶好調だった。だが、C級1組順位戦で順位6位で9…

この記事は有料記事です。

残り1039文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです