メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『彼女たちの場合は』=江國香織・著

 (集英社・1944円)

新鮮な果実を口に含むような趣き

 十四歳の礼那(れいな)と十七歳の逸佳(いつか)、二人の少女が、「旅にでます、家出ではないので心配しないで」という書き置きを残して、ニューヨークの家から旅に出た。二人は従姉妹(いとこ)同士。

 あまりに小説的な設定だから、かえってこれで長篇小説が成り立つのかと心配になるが、そんなことにおかまいなく、少女たちはさっさと移動してゆく。費用は逸佳のクレジットカード。

 両親は娘たちの「旅」に、動けなくなる。礼那の母親は理生那(りおな)、夫の木坂潤(うるう)はニューヨ…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです