メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『叱られ、愛され、大相撲! 「国技」と「興行」の一〇〇年史』=胎中千鶴・著

 (講談社選書メチエ・1890円)

正しいあり方めぐる闘争

 近年、外国出身力士の一挙手一投足をめぐって、「品格」が問題視される。時に「国技を担う力士として自覚が足りない」と厳しく叱責され、バッシングが巻き起こる。相撲は娯楽的な「興行」なのか、精神主義的な「国技」なのか―――。本書は近代以降の相撲をめぐる言説と社会運動を追い、「正しい相撲」をめぐる闘争を描く。

 江戸時代の相撲は営利目的の興行が中心で、庶民の娯楽だった。そこには取り締まりの対象とされたアウトロ…

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです