メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

池内紀 川本三郎・選

 <1>カフカの生涯(池内紀著/白水Uブックス/1728円)

 <2>罪と罰の彼岸【新版】 打ち負かされた者の克服の試み(ジャン・アメリー著、池内紀訳/みすず書房/3996円)

 <3>記憶の海辺 一つの同時代史(池内紀著/青土社/2592円)

 八月末に亡くなられたドイツ文学者の池内紀さんは勤勉な方で翻訳の他に、文学、旅、書評など実に多岐にわたって多くの本を出された。

 その豊かな仕事の中心にあったのはチェコ生まれのカフカの翻訳だろう。東大教授を辞めたあと、カフカの小説をひとりで全部翻訳された(白水社)。そのあとに書かれたのが<1>。通常の評伝の書き方と違って、カフカを主人公にした物語の趣がある。池内さんの文章は人柄と同じように飄逸(ひょういつ)軽妙な良さがあったが、本書でも、大上段に振りかぶった論より、カフカの散歩好き、映画好き、そして手紙好き(とくに恋人への…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです