メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

池内紀 川本三郎・選

 <1>カフカの生涯(池内紀著/白水Uブックス/1728円)

 <2>罪と罰の彼岸【新版】 打ち負かされた者の克服の試み(ジャン・アメリー著、池内紀訳/みすず書房/3996円)

 <3>記憶の海辺 一つの同時代史(池内紀著/青土社/2592円)

 八月末に亡くなられたドイツ文学者の池内紀さんは勤勉な方で翻訳の他に、文学、旅、書評など実に多岐にわたって多くの本を出された。

 その豊かな仕事の中心にあったのはチェコ生まれのカフカの翻訳だろう。東大教授を辞めたあと、カフカの小…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです