メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『ヒト、犬に会う 言葉と論理の始原へ』=島泰三・著

 (講談社選書メチエ・1890円)

生存支え合った歴史をひもとく

 人間と犬の関係を人類史の中に位置づける本である。

 今、我々にとって犬はペットでしかない。飼うという一方的な視点からのみ犬を見ている。

 しかし、かつて犬と人間は互いの生存を支え合うパートナーだった。犬との絆によって人間は寒冷期を生き延びて生息域を広げ、野生の羊の群れを家畜化し、なによりも言語を作った。

 「イヌのおかげでヒトは人間になった」というさる作家の言葉がはじめの方に引用されている。いかになんで…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷被告、起訴内容認める考え 法廷に立つことは「気まずい」

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. ORICON NEWS 鈴木愛理、結婚で“同姓同名”の畠山愛理を祝福「なかなかない奇跡が嬉しい!」

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです