メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

鴻巣友季子・評 『レス』=アンドリュー・ショーン・グリア著、上岡伸雄・訳

 (早川書房・2808円)

作家が作家を描く毒気と面白み

 爆笑と落涙、哀しみとすがしさ。「ピュリッツァー賞を喜劇的な小説が受賞するのは数年ぶり」の快挙とのこと。確かにこのところ、現在の危機的な世相を反映して、米国の起源を問い、戦争などを扱う小説が目立った。

 『レス』は個人的な物語だ。主人公は、アーサー・レスというゲイの男性小説家。四十歳から九年間つきあった年下の恋人がべつの相手と同性婚することになり、結婚式への招待状が届く。それには絶対に出席したくないし、五十歳を目前にした動揺からも目をそむけたいので、世界一周旅行を計画する。

 彼には、川端康成を想起させるという『暗黒物質(ダークマター)』なる注目作や、外国でナゾの文学賞を受…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです