メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

鴻巣友季子・評 『レス』=アンドリュー・ショーン・グリア著、上岡伸雄・訳

 (早川書房・2808円)

作家が作家を描く毒気と面白み

 爆笑と落涙、哀しみとすがしさ。「ピュリッツァー賞を喜劇的な小説が受賞するのは数年ぶり」の快挙とのこと。確かにこのところ、現在の危機的な世相を反映して、米国の起源を問い、戦争などを扱う小説が目立った。

 『レス』は個人的な物語だ。主人公は、アーサー・レスというゲイの男性小説家。四十歳から九年間つきあった年下の恋人がべつの相手と同性婚することになり、結婚式への招待状が届く。それには絶対に出席したくないし、五十歳を目前にした動揺からも目をそむけたいので、世界一周旅行を計画する。

 彼には、川端康成を想起させるという『暗黒物質(ダークマター)』なる注目作や、外国でナゾの文学賞を受ける(本国では黙殺されたが、「天才詩人」による「超訳」によって傑作に生まれ変わったらしい)『宇宙飛行士としての芸術家の肖像』なるジョイス張りの迷作もあり、全く売れていなくはない。しかしメガヒットを放つSF作家のインタビューをやらされたり、「アーサー・レスと過ごす一夜」というイベントに客が誰もこなかっ…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです