メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー J1 鹿島2-0FC東京 鹿島、首位に肉薄 直接対決、守護神動じず

 (第26節・14日)

 <鹿島2-0FC東京>

 首位のFC東京と勝ち点4差で迎えた直接対決。鹿島は12本ものシュートを浴びながら、GK権純泰が好セーブを連発して完封勝利に貢献した。

 1点リードの後半6分、カウンターからFC東京の東にフリーでペナルティーエリア進入を許した。決定機。ゴール前に仁王立ちした守護神は強烈なシュートを両手ではじき、ゴールネットを揺らすことを許さなかった。「キーパーは蹴られたボールに反応しなければいけないポジション…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです