メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン MGCきょう号砲 男子・「4強」設楽の動き注目/女子・鈴木が軸、勝負は中盤

記者会見で記念撮影する大迫(中列左端)、井上(同右から3人目)、設楽(同4人目)、服部(後列左から2人目)、鈴木(前列右端)、松田(同左から2人目)=小川昌宏撮影

 東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は15日、明治神宮外苑を発着点に東京五輪とほぼ同じコースの42・195キロで行われる。国内トップランナーが一堂に会し、東京五輪のテスト大会も兼ねる。気温は30度に届かない予報で、早めに引き離しにかかる選手も出てきそうだ。五輪本番でも求められるレースへの対応力が勝負の分かれ目となる。

 男女とも2位までが代表に内定し、3位も有力候補になる。男子は午前8時50分、女子は同9時10分にスタートする。【新井隆一】

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです