メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 ボランティア本格化

台風で落ちた瓦を片付けるボランティアら=千葉県鴨川市で2019年9月14日、藤井達也撮影

 3連休初日の14日、千葉県内でボランティアの活動が本格的に始まった。現地では15日夜から大雨になると予想されており、台風で壊れた屋根の修復などに当たった。

 停電からの復旧に最大2週間かかるとされている鴨川市では、午前9時のボランティア登録開始時に約70人が列を作った。この日は208人が登録し、がれ…

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです