メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「性癖」「酒池肉林」 誤解されている言葉

=松尾貴史さん作

 ある人と話していた時に、性癖についての話題になった。話が広がるうちに、相手と私の内容がどうにもかみ合わない雰囲気になってしまい、なぜかを考えた時に、どうやら相手の思っている「性癖」という言葉と、私の思うそれの意味が違っていたようなのだ。

 彼は、秘め事の性的嗜好(しこう)を表す言葉だと思っていたようなのである。もちろん、性癖という言葉にそのような意味はないが、どこでどう勘違いしてしまったのか、彼は思春期を過ぎてからずっとそう思い込んでいたのだそうだ。勘違いする理由はわかりやすい。二字熟語で、「性」と「癖」の字で成り立っているのだから、「性の癖」だと思ってしまうのは無理もない。

 随分前だが笑福亭鶴瓶さんとゲストがアドリブで演技をする「鶴瓶のスジナシ」というテレビ番組に出た(D…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、両腕かまれ軽傷 滋賀

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです