メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国務長官、サウジ石油施設への攻撃でイラン非難

ポンペオ米国務長官のツイッターより

 ポンペオ米国務長官は14日、サウジアラビアの石油施設への無人機(ドローン)による攻撃について、ツイッターで「イランが世界のエネルギー供給網にかつてない攻撃を仕掛けた」と非難した。サウジアラムコの施設2カ所が出火した攻撃に関しては、イエメンの親イラン武装組織フーシが犯行声明を出したが、ポンペオ氏は「イエメンからの攻撃との証拠はない」と述べ、イランが直接関与したとの考えを示した。

 ポンペオ氏は「サウジに対する100回近い攻撃の背後にイランがいる」と主張。イランのロウハニ大統領やザリフ外相による外交に取り組む姿勢は「みせかけ」と指摘した。国際社会にイランを糾弾するよう呼びかけたうえで「エネルギー市場の安定供給のために協調する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. ORICON NEWS 『BLEACH』作者・久保帯人氏の初公式ファンクラブがオープン イラストや作画資料など公開

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです