メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ石油生産が日量50%停止 被害過去最大級 親イラン組織の石油施設攻撃で 

 サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が14日に無人機攻撃を受けた事件で、アブドルアジズ・エネルギー相は同日、石油生産の一部を中断したと発表した。停止した量は約570万バレルに及び、サウジの日量生産能力の約50%に当たるという。サウジ当局は早期に復旧できるとしているが、再開が遅れた場合、世界の原油市場に影響が出る可能性もある。

 事件では、サウジの隣国イエメンの親イラン武装組織フーシが傘下のテレビ局を通じ「サウジの製油所を標的とし、無人機10機で大規模な作戦を実施した」と「犯行声明」を出した。フーシの石油施設攻撃による被害としては、過去最大級。国営サウジ通信によると、攻撃されたのは東部アブカイクとクライスの施設2カ所で、一時は火災が発生したがほぼ鎮火したという。負傷者はいない模様だ。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです