メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

「平民宰相」原敬の写真 盛岡の民家で発見 未公開含む46枚

立憲政友会本部の控え室と思われる場所で椅子に腰掛ける原敬(左から2人目)=山田公一さん提供

 盛岡市出身で「平民宰相」と親しまれた原敬(1856~1921年)の政治家時代や葬儀の様子などを記録した写真46枚が8月、同市の民家から見つかった。原敬記念館(同市)によると、未公開とみられる写真は少なくとも20枚に及ぶ。同館の担当者は「詳しい分析が必要だが、これまで出版された本にもない写真がある。研究上貴重な資料となるのでは」と話している。【日向米華】

 原敬は1897(明治30)年、大阪毎日新聞に入社。翌年、42歳で社長に就任した。1900年に立憲政友会の創設に関わって政界入りし、18年には第19代内閣総理大臣になった。しかし3年後、19歳の青年に東京駅で暗殺された。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです