メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新米できりたんぽ 「味が格別」 秋田・大館

昔ながらのいろりの炭火で、きりたんぽ鍋に腕を振るう農家の主婦ら=秋田県大館市で2019年9月13日午前10時40分、田村彦志撮影

 秋田県大館市花岡町の鳥潟会館で13日、新米を使ったきりたんぽ作りが行われた。10月12~14日に同市のニプロハチ公ドームである「第47回本場大館きりたんぽまつり」のPR活動の一環で、農家の主婦らが腕を振るった。

 炊きたての早場米「五百川」3キロを、杉の棒に巻き付けて昔ながらのいろりの炭火で焼き、し…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです