メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住宅被害「29市町の1297棟」も全容見えず 停電半数の17市町から報告なし

雨に備えて、台風で被害を受けた屋根にブルーシートをかける人たち=千葉県鋸南町で2019年9月15日午後3時13分、佐々木順一撮影

 千葉県は15日、台風15号の影響で29市町の計1297棟の住宅に被害があったと発表した。だが、同日午後5時現在で停電が続く34市町のうち17市町からは報告がない。最終的な被害は大幅に増える見通しだ。

 県によると、被害の内訳は、全壊3▽半壊4▽一部損壊1255▽床上浸水18▽床下浸水17。停電の長期…

この記事は有料記事です。

残り71文字(全文221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです