メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村、服部が東京五輪代表に内定 3位に大迫 マラソン男子

男子1位でフィニッシュする中村匠吾=東京都港区で2019年9月15日、宮間俊樹撮影

 東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京都内で行われた。男子は中村匠吾(26)=富士通=が2時間11分28秒で優勝し、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2位に入り、いずれも代表に内定した。今後の国内レースの結果次第で、代表に入る可能性のある3位は大迫傑(28)=ナイキ=だった。記録は速報値。

 最近のマラソン五輪代表選考は複数レースの結果を総合的に勘案して行っていたが、日本陸上競技連盟が選考の公平性や透明性を高めるため、「一発勝負」のMGCを初めて実施した。2017年8月以降の2シーズンで一定の成績を残した男子30人、女子10人が出場。本番の発着点の新国立競技場が建設中のため、明治神宮外苑を発着点に、五輪本番とほぼ同じコースで争われた。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです