メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン男子代表、MGC3位の大迫を抜くためには日本記録更新が必要

イチョウ並木を一斉にスタートする男子選手たち=東京都新宿区で2019年9月15日、梅村直承撮影

 15日、東京都内で行われた東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は男子は中村匠吾(26)=富士通=が優勝し、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2位で、ともに代表入り。2時間5分50秒の日本記録を持つ大迫傑(28)=ナイキ=が3位だった。

 女子は前田穂南(23)=天満屋=が優勝し、鈴…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人選手に新型コロナ感染の疑い 練習試合中止

  3. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです