特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

設楽悠太、「異例の独走」は37キロまで 最終結果は14位 次は「いっぱい休んでから」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
37キロ付近、大迫傑(右)ら集団に抜かれる設楽悠太(左から3人目)=東京都内で2019年9月15日(代表撮影)
37キロ付近、大迫傑(右)ら集団に抜かれる設楽悠太(左から3人目)=東京都内で2019年9月15日(代表撮影)

 東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする東京五輪とほぼ同じコースであり、前日本記録保持者の設楽悠太(27)=Honda=は2時間16分9秒の14位に終わった。

 「行けるところまで行く」。宣言通りにスタート直後から飛び出した。最初の1キロは3分ちょうど。暑さの残る東京の厳しい状況としては異例のペースで序盤から飛ばした。

 埼玉県寄居町出身。武蔵越生高から東洋大に進み、双子の兄啓太とともに箱根駅伝で総合優勝するなど活躍。昨年2月の東京マラソンで2時間6分11秒をマークし、日本記録を16年ぶりに塗り替えた。男子マラソン界を活気付けた立役者の一人だ。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文612文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集