メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幕下が面白い

照ノ富士と千代の国、ともに4連勝で勝ち越しを決める 秋場所8日目

4連勝で勝ち越しを決めた元大関の照ノ富士=東京・両国国技館で2019年9月15日、村社拓信撮影

 大相撲秋場所8日目の15日、幕下では元大関で東27枚目の照ノ富士(27)が西30枚目の北勝陽(26)を圧倒し、4連勝で勝ち越しを決めた。照ノ富士は取組後の取材に「残りがある。しっかり最後まで取れればと思う」と淡々と答えた。

 「まわしを取りに行こうと思った」という立ち合いから、一気に寄り切った。夏場所で幕内優勝を遂げた朝乃山や今場所新十両の朝玉勢と近大で同学年だった北勝陽は、「強いと思っていたが、本当に強かった」と力の差を感じていた。

 照ノ富士は関脇だった2015年夏場所に幕内で初優勝して大関に昇進した。直後から横綱候補として期待されたが、両膝の負傷などがあり、17年秋場所を最後に大関から陥落。糖尿病も患い、番付は下がる一方だったが、4場所連続全休後の今年春場所で西序二段48枚目から再出発し、少しずつ番付を戻してきた。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです