メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

炎鵬「動きを見切られていた」 錦木の怪力に敗れる 後半戦での巻き返し誓う

錦木(左)が押し倒しで炎鵬を破る=東京・両国国技館で2019年9月15日、滝川大貴撮影

 大相撲秋場所8日目の15日、関取最軽量98キロの炎鵬は、角界屈指の怪力を誇る錦木に敗れた。

 身長差17センチ、体重差82キロ。初対戦の先場所は炎鵬が果敢に懐にもぐって寄り切ったが、この日は錦木が上回った。

 炎鵬は立ち合いから中に入ろうとしたが、錦木に両腕を突き出され、土俵際に追い立てられる。回り込…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです