メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「お客さんの応援が雑念を消してくれる」貴景勝、迷いのない相撲

大相撲秋場所8日目(15日、東京・両国国技館)

 貴景勝が、迷いのない相撲で因縁の相手、御嶽海を退けた。「自分の相撲を取り切りたいと思った」。眉間(みけん)にしわを寄せる癖も出さず、何か吹っ切れたような表情で、取組を振り返った。

 体をかがめて低く立ち、相手を突き起こした。二の矢も体ごとぶつけ、もろ手で俵まで押し込む。最後は右で腹を押し、難敵を土俵下まで吹っ飛ばした。

 新大関だった夏場所4日目、貴景勝は御嶽海戦の連敗を5で止めたが、双差しで寄って出た際に右膝を痛めた…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです