特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
40キロ付近、2位の服部勇馬(左)と3位の大迫傑=東京都内で2019年9月15日(代表撮影)
40キロ付近、2位の服部勇馬(左)と3位の大迫傑=東京都内で2019年9月15日(代表撮影)

 15日に行われた東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で3位になり、今後の戦略が注目される大迫傑(ナイキ)について、日本陸連の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「もし、僕がコーチなら『待て』と言う」と話し、最終3枠目の選考レース「MGCファイナルチャレンジ」の出場回避を勧めた。

 五輪代表枠は3人で、MGCの2位以内が代表に決定した。最終3枠目は12月~来年3月の国内3大会「MGCファイナルチャレンジ」(福岡国際、東京、びわ湖毎日)で設定記録をクリアした最速タイムの選手が選ばれる。ただ設定記録は大迫の日本記録より1秒速い2時間5分49秒とハードルが高い。突破者がいない場合はMGC3位の大迫が代表になる。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文573文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集