メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

63キロ級で金の太田忍 東京五輪へ増量の階級変更も視野に レスリング世界選手権

 レスリングの世界選手権第2日は15日、カザフスタンの首都ヌルスルタンで男子グレコローマンスタイル7階級が行われ、63キロ級決勝は2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダルの太田忍(ALSOK)が、昨年世界王者のステパン・マリャニャン(ロシア)に勝利し、金メダルを獲得した。

 2―4で迎えた第2ピリオド中盤。太田がついに伝家の宝刀を抜いた。相手の首を上から抱え込む得意技のがぶり返しでマリャニャンをマットに落とすと、そこから連続の「がぶり」。あっという間に10―4と逆転した。試…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです