メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

レジェンドの伝言 宿沢広朗さん/中 猛練習で頭角、早大黄金期築く /埼玉

伝統の早慶戦で、慶大ゴール前のスクラムから突進しトライする宿沢広朗さん(右から3人目)=秩父宮ラグビー場で1972年11月23日

努力は運を支配する

 「努力は運を支配する」。熊谷高から早大へ進み、スクラムハーフ(SH)として早稲田ラグビーの黄金期を築いた故宿沢広朗さんが残した言葉だ。大学3年の1972年1月、日本選手権決勝に由来する。

 三菱自工京都を1点差で追う終了間際、敵陣スクラムから宿沢さんが狭いサイドにパスを回し、密集から今度はオープン攻撃へ。味方が敵の背後へ小さく蹴り上げた楕円(だえん)球はゴール前でバウンドし、走り込んできた選手の胸にすっぽりと収まった。逆転トライで連覇した瞬間だった。

 宿沢さんは卒業時の校友会誌「早稲田学報」に記した。「ラッキーに思えるバウンドには練習のつみ重ねが凝…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです