九谷焼 未来に継承を 若手作家6人、語り合う 小松 /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
各九谷焼作家の作品を紹介しながら進められたシンポジウム=石川県小松市土居原町の県こまつ芸術劇場うららで、岩壁峻撮影
各九谷焼作家の作品を紹介しながら進められたシンポジウム=石川県小松市土居原町の県こまつ芸術劇場うららで、岩壁峻撮影

 県を代表する伝統工芸品、九谷焼の継承をテーマにしたシンポジウムが15日、県こまつ芸術劇場うらら(小松市土居原町)であり、若手の九谷焼作家6人が展望を語り合った。

 小松市と能美市が10月14日まで共同で開催している総合芸術祭「KUTANism(クタニズム)」の一環。曽祖父の代から続く窯元で育った浅蔵一華(かずか)さん▽器に和歌などを書き入れる「毛筆細字(さいじ)」の技法を受け継ぐ田村星都(せいと)さ…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集