メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新見・集中豪雨 局地的被害、国の支援適用外 「災害に大きい小さいはない」 被災者ら不安の声 /岡山

被害住宅で床下の泥をかき出すボランティアたち=岡山県新見市西方で、林田奈々撮影

 今月3日に集中豪雨に見舞われた新見市は、土砂崩れや用水路の氾濫などで市街を中心に約250棟が浸水被害を受けた。ボランティアなどの復旧作業が進む一方、局地的な被害のため、大規模被害を想定した国の支援制度の適用は受けられない。住民からは生活再建への不安の声が上がり始めている。【林田奈々】

 山に囲まれた新見市中心部は、周囲の雨水が流れ込み、土砂崩れで家屋が高さ1メートル以上のがれきに埋まったり、用水路からあふれた水が家の中に入り、泥を堆積(たいせき)させたりといった被害が相次いだ。この週末も各地からボランティアが駆けつけ、泥や土砂は取り除かれつつあるが、家屋の被害は深刻で、住民は不自由な暮らしを強いられている。

 自宅と、すぐ隣で営む飲食店が床上30センチまで水に浸かった男性(65)は、近く店を再開する予定だが、母屋の1階は床板をはがした状態のままで、2階に寝起きしている。「すでに店の電気製品の買い替えで100万円くらい出費している。母屋も直すとしたら300万から400万円くらいいくのではないか」とため息をついた。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです