メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肥前評論

「まさか」に潜む危険 /佐賀

 目の前の道路は茶色く濁った水が覆っていた。どれほどの深さか正確には分からないが、大したことはないだろう。カメラを胸に抱え、冠水した道路を歩き始めた。

 豪雨の際にいつも思い出す体験だ。2003年夏、福岡県飯塚市の中心市街地が広く冠水した。全国的に有名な芝居小屋「嘉穂劇場」も浸水したとの情報を受け写真撮影に赴いた。が、徐々に水深は増し、胸までつかって浮遊感を覚えるに及んで恐怖にとらわれ、途中で引き返した。「そういうことやってると危ないよ。流されなくても、けがをすればそこから菌が入って破傷風になる」。他社の記者の冷静な指摘が身にしみた。

 近年、災害の増加で「正常性バイアス」という言葉が一般的になってきた。異常事態でも「まさか自分は大したことにはならないだろう」と考え適切な対応をしないことをいう。まさに16年前の私がこれだった。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  5. 遺体引き渡しミス 「死んだ夫」ひょっこり 警視庁亀有署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです