メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょう、敬老の日 高齢化率、最高を更新 県内31.45% 100歳以上は1519人 /長崎

最高齢は110歳大浦さん(佐世保)

 16日は「敬老の日」。県によると、県人口に占める65歳以上の割合を示す「高齢化率」(1月1日時点)は31・45%(全国平均27・61%)で、過去最高だった昨年の30・78%を上回った。47都道府県のうち13番目に高い。

 県内21市町で最も高齢化率が高いのは、小値賀町(47・98%)で、新上五島町(39・95%)、平戸市(38・77%)、五島市(38・67%)、南島原市(38・04%)と続いた。一方、最も低いのは大村市(24・36%)で、時津町(24・99%)、長与町(25・43%)、佐々町(27・02%)と続いた。

 今年度中に100歳以上となるのは1519人(9月1日現在)で、県がデータを確認できる1994年以降…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです