メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

熊本・南関あげ 弾力ジューシー、全国へ /熊本

パリパリした見た目だが、汁を含むとジューシーな食感が生まれる南関あげ。手前は南関あげを使ったいなりずしとまきずし

 熊本県内の家庭で昔から親しまれている油揚げ「南関あげ」。普通の油揚げと違って見た目はせんべいのようでサクサクしているが、汁を含むともっちりジューシーに。歯ごたえの良さと味の染みやすさが評判で、県外でも販売されている。近年は東京のいなりずし店が使いメディアから注目されるなど、その名を全国に広めつつある。

 南関あげは熊本県北西部に位置する南関町で生まれた。町によると、起源は不明だが、江戸時代前期に四国の松山地方からの移住者が油揚げの製法を伝えたのが始まりとされる。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです