特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

マラソン MGC 五輪代表決定 男子・中村、服部 女子・前田、鈴木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
表彰式で記念撮影する男子1位の中村匠吾(中央右)、同2位の服部勇馬(右端)、女子1位の前田穂南(中央左)、同2位の鈴木亜由子=東京都港区で2019年9月15日、久保玲撮影
表彰式で記念撮影する男子1位の中村匠吾(中央右)、同2位の服部勇馬(右端)、女子1位の前田穂南(中央左)、同2位の鈴木亜由子=東京都港区で2019年9月15日、久保玲撮影

 東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする五輪本番とほぼ同じコースで行われ、男子は中村匠吾(26)=富士通=が2時間11分28秒で優勝、8秒差で服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2位に入り、五輪代表に決定した。女子は前田穂南(ほなみ)(23)=天満屋=が2時間25分15秒で制し、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2時間29分2秒の2位で代表入りを決めた。

 レースは男子30人、女子10人が出場。来春までの国内レースの結果次第で代表入りの可能性のある3位は、男子が2時間5分50秒の日本記録を持つ大迫傑(すぐる)(28)=ナイキ、女子は小原怜(29)=天満屋。日本陸上競技連盟は複数のレース結果を勘案して代表を選出してきたが、公平性や透明性を高めるため「一発勝負」のMGCを初めて導入した。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1079文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集