メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン MGC 五輪代表決定 男子・中村、服部 女子・前田、鈴木

表彰式で記念撮影する男子1位の中村匠吾(中央右)、同2位の服部勇馬(右端)、女子1位の前田穂南(中央左)、同2位の鈴木亜由子=東京都港区で2019年9月15日、久保玲撮影

 東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、東京・明治神宮外苑を発着点とする五輪本番とほぼ同じコースで行われ、男子は中村匠吾(26)=富士通=が2時間11分28秒で優勝、8秒差で服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が2位に入り、五輪代表に決定した。女子は前田穂南(ほなみ)(23)=天満屋=が2時間25分15秒で制し、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が2時間29分2秒の2位で代表入りを決めた。

 レースは男子30人、女子10人が出場。来春までの国内レースの結果次第で代表入りの可能性のある3位は…

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  4. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

  5. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです