メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ事件で異例の経過 被害者の実名報道、どうあるべきか

ジャーナリスト・大谷昭宏さん=猪飼健史撮影

 35人が犠牲となった京都アニメーション放火殺人事件。犠牲者の実名を巡っては京アニ側が公表しないよう申し入れる一方、メディア側は早期の発表を求めるなど異例の経過をたどった。被害者の実名報道はどうあるべきなのか。3人の識者に聞いた。【山根浩二、青島顕】

遺族の思いも伝えつつ ジャーナリスト・大谷昭宏さん

 記者として事件事故を取材した経験から言えば、名前は「生きた証し」にほかならない。事件現場を訪れた人の中には「名前がわかったから改めて手を合わせに来た」という方がいらしたし、京アニの最新作には被害者を含むスタッフ全員の名前が記された。メディアが実名を報じるのは、被害者の人生を風化させないという決意の表れでもある。

 私自身の経験を振り返ると、まずはメディアスクラム(集団的過熱取材)だ。神戸連続児童殺傷事件(199…

この記事は有料記事です。

残り2935文字(全文3292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです