メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ事件で異例の経過 被害者の実名報道、どうあるべきか

ジャーナリスト・大谷昭宏さん=猪飼健史撮影

 35人が犠牲となった京都アニメーション放火殺人事件。犠牲者の実名を巡っては京アニ側が公表しないよう申し入れる一方、メディア側は早期の発表を求めるなど異例の経過をたどった。被害者の実名報道はどうあるべきなのか。3人の識者に聞いた。【山根浩二、青島顕】

 記者として事件事故を取材した経験から言えば、名前は「生きた証し」にほかならない。事件現場を訪れた人の中には「名前がわかったから改めて手を合わせに来た」という方がいらしたし、京アニの最新作には被害者を含むスタッフ全員の名前が記された。メディアが実名を報じるのは、被害者の人生を風化させないという決意の表れでもある。

 私自身の経験を振り返ると、まずはメディアスクラム(集団的過熱取材)だ。神戸連続児童殺傷事件(1997年)では、殺害された男児(当時11歳)の自宅周辺にマスコミが殺到し、遺体は自宅に戻れないまま荼毘に付された。父親は警察から「収拾が付かなくなる」と言われ、遺体を連れ帰るのをあきらめたそうだ。以降、メディアスクラム対策は進んだように思う。京アニ事件でも遺族との取材交渉を代表社が行うなど、混乱を避けて…

この記事は有料記事です。

残り2810文字(全文3292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです