メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

言論の断絶、回復には 言葉を行為たらしめよ=武田徹

 「週刊ポスト」9月13日号掲載の「韓国なんて要らない」特集に対して差別を扇動していると抗議の声が多く上がった。

 版元の小学館は配慮を欠いていたと謝罪したが、「日本型ヘイトスピーチとは何か 社会を破壊するレイシズムの登場」の著者・梁英聖氏は、それを(1)事実の調査(2)ルール違反の確認(3)処罰や賠償――の、いずれもない典型的な“日本型”謝罪だと評する。本稿では言語学の一分野である言語行為論の「遂行動詞」という概念を引いて、この問題を考えてみたい。

 例えば英語でdeclare(宣言する)、promise(約束する)といった動詞を用いた場合、発言の時点で語られた内容を遂行したとみなされる。公の場で宣言し、約束した内容を覆すと厳しく叱責されるのは、発言自体が“たかが言葉”といって済まされない、社会的な“行為”とみなされるからだ。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです