メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

五輪・パラの点字案内 障害者参加に欠かせない

[PR]

 「多様性と調和」を掲げ、共生社会の実現を目指す大会とする。そう胸を張って言えるのだろうか。

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、大会のチケット購入方法について説明する点字資料や、音声案内のCDを作成していなかった。

     1次抽選の申し込み受け付けは終わった。今後2次抽選がある見込みだが、組織委は「公式チケット販売サイトは視覚障害者が使う音声読み上げソフトに対応しており、要配慮者のための専用ダイヤルもある」と点字や音声資料の作成に消極的だ。

     だが、インターネットに慣れていない人もいる。ましてチケット関連の手続きは複雑で情報量も膨大だ。いつでも情報を読み返せる点字資料は貴重である。分かりやすい伝え方に知恵を絞る必要がある。

     組織委の指針は「公共的な文書は全て点字、テキストデータ、拡大文字または音声形式での提供が望ましい」と定める。多様な情報提供が必要だという趣旨を尊重すべきだ。

     確かにチケット購入の案内情報は、追加抽選が行われるなど流動的な面がある。組織委は、点字資料は配布後の修正が難しいと説明している。だからといって、情報入手が難しい視覚障害者の参加手段が限られるのはおかしい。

     障害者も健常者も一緒になって、大会に選手として参加したり、観客として声援を送ったりする。そんな機会を確保する環境整備こそが、次世代に共生社会というレガシーを残すことにつながるのではないか。

     まず、流動的でない情報の点字・音声化を進めるべきだ。どの競技がいつどこで行われるのかや会場への行き方などだ。例えば「東京ディズニーリゾート」は園内の点字ガイドマップを無料提供している。

     さらに随時変更があり得る情報であっても要点の提供や、インターネットから情報を入手する手順を説明した点字と音声資料の作成は可能ではないか。障害者団体の声を真剣に受け止める必要がある。

     今回の問題発覚後、組織委が障害者向け専用ダイヤル案内をパラリンピック公式販売サイトの上部に掲載したところ、問い合わせは増えたという。本番までに試行錯誤を積み重ねる過程こそ重要だろう。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    4. 男子SPは羽生が貫禄の首位発進 フィギュアNHK杯

    5. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです