メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

商船三井/上 脈々と流れる変革の精神

 <since 1884>

 「フィリピンにとって商船教育は発展のかぎであり、この学校は我が国へのギフトである」。フィリピンのトゥガテ運輸相がこうあいさつすると、約700人の出席者から大きな拍手がわいた。

 マニラの南約30キロのダスマリニャス市。商船大学「MOLマグサイサイ・マリタイム・アカデミー」(MMMA)の開学を祝う式典が昨秋開かれた。

 入学したのは航海科156人、機関科152人の1期生308人。約100倍の競争を勝ち抜き、ここで4年…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです