メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 36年続く自主夜間中学/1 世代、出身、多種多様

さまざまな年代の講師と”生徒”が学び合う=千葉県松戸市の自主夜間中で

 <kyoiku no mado>

 千葉県松戸市の市勤労会館で、毎週火曜と金曜の夜に開かれる学校がある。「松戸自主夜間中学校」だ。

 夏休み中の8月23日の午後6時、市立中2年の鍔田朱李(つばたあかり)さん(13)は会館2階の教室で、ある生徒が来るのを待っていた。鍔田さんはこの夜間中で最も若い講師。7月末から中国人の4歳の男の子にマンツーマンでひらがなの読み書きを教えている。「のみ込みが早く、もう単語の読み書きができるようになったんですよ」。中国語はできない。最初はどんなふうに教えればいいか、悩んだこともある。それでもスマートフォンの翻訳アプリなどを使いながら、意思疎通ができるようになった。

 「ここに来る前は夜間中って、もっと暗いところだと思っていた。でもたくさんの人と話すうちに、とても明…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです