メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 西武6-5ロッテ 西武M9点灯

 西武が2試合連続のサヨナラ勝ちで3連勝。同点の延長十一回、木村の左飛が敵失となり、一気に生還した。5番手の平良が2勝目。ロッテは3連敗。七回に鈴木の適時二塁打で3点を勝ち越したが救援陣が踏ん張れず、最後は守乱に泣いた。

奇跡へ全力疾走 延長十一回、ロッテの「守乱」突く

 誰も予想できない幕切れだった。同点の延長十一回2死走者なし。西武・木村の打球は左翼への力のないフライとなった。ところが、ロッテの左翼手・加藤の足取りがおぼつかない。ついには中堅手の荻野と激突。こぼれた球が転々とするうちに、木村は両手を広げてサヨナラのホームを踏んだ(記録は左翼手の失策)。

 自身も外野手の木村は「打った瞬間、レフトが手を広げていたので(球が)見えていないのかなと。この時間…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです