メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン MGC 中村、五輪へのスパート 磨いたスピード 真価のV

41キロ付近を力走する優勝した中村(中央)。右は2位の服部、左は3位の大迫=東京都新宿区で2019年9月15日(代表撮影)

 東京・明治神宮外苑を発着点に15日に行われた東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で、男子は中村匠吾(富士通)が2時間11分28秒でマラソン初優勝を果たし、2位の服部勇馬(トヨタ自動車)とともに五輪代表に決定した。日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)は3位。序盤から独走した前日本記録保持者の設楽悠太(Honda)は、終盤に失速して14位だった。出場30人中3人が途中棄権。服部、大迫、設楽と共に「4強」と称された昨夏のアジア大会金メダリスト、井上大仁(MHPS)は完走者で最下位だった。

 女子は、前田穂南(天満屋)が2時間25分15秒で優勝し、16年リオデジャネイロ五輪長距離代表の鈴木…

この記事は有料記事です。

残り2072文字(全文2383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです