連載

薫田真広のラグビークリニック

ラグビー観戦をより楽しめるようにルールや用語などを解説します。

連載一覧

薫田真広のラグビークリニック

/27 タッチキック

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <RUGBY CLINIC>

W杯開幕まであと4日

 タッチラインの外に蹴り出すキックを「タッチキック」と呼びます。主な目的は、陣地を獲得することです。

 タッチキックは、(1)自陣ゴール前でのピンチから脱出する(2)中盤で効果的な連続攻撃ができないため、キックでエリアを獲得する(3)ペナルティーキックを得た時にエリアを進める――などの時に選択するプレーです。

 インプレー中やフリーキック時にボールを蹴り出した時は相手チーム、ペナルティーキックを蹴り出した場合は自チームのラインアウトで、それぞれ再開できます。効率よく陣地を進める手段としてキックの精度、飛距離は、その後のプレーに大きく影響します。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文525文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集