メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 貴景勝、御嶽海降す 鶴竜休場

8日目(15日・両国国技館)

 平幕・隠岐の海が阿武咲を寄り切り、自身初、今場所ただ一人の中日勝ち越しを決めた。平幕の明生が1敗で追う。

 関脇に落ちて10勝以上での大関復帰を目指す貴景勝は、関脇・御嶽海を一直線の押しで圧倒し、連敗を2で止め6勝目を挙げた。御嶽海も6勝2敗。

 角番の大関陣は、豪栄道が土俵際で友風の逆転のはたき込みに屈し、3敗に後退。栃ノ心は正代を突き落とし、3勝目を挙げた。

 5日目から3日連続で金星を配給した鶴竜が、「左膝内側側副靱帯(じんたい)損傷疑い」との診断書を提出…

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです