メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性受刑者、挑むホテル就職 全国唯一の客室清掃実習 岐阜・笠松刑務所

客室を模した部屋で訓練に取り組む受刑者たち=岐阜県笠松町中川町の笠松刑務所で

 「シングルベッド、6分7秒でした」。毎週火曜、女性受刑者の声が刑務所内に響く。岐阜県笠松町の笠松刑務所では、受刑者の社会復帰のため、いっぷう変わった職業訓練に取り組んでいる。全国で唯一という、ホテルへの就職を目指す客室清掃実習だ。同刑務所の竹内久美子調査官は「ホテルは女性でも働きやすく、東京五輪・パラリンピックに向けて需要も高い業界。就労が再犯防止につながれば」と期待を寄せる。【横田伸治】

 笠松刑務所は全国で11カ所ある女子刑務所の一つ。民間企業と提携し、企業説明会や履歴書の書き方講座な…

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです