メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京ゲームショウ2019

前年比3万6000人減の26万2076人が来場 入場料値上げも影響?

15日まで開催された「東京ゲームショウ2019」

[PR]

 国内最大のゲーム展示会「東京ゲームショウ2019」が9月15日に最終日を迎え、12日から4日間で 26万2076人が来場した。過去最多だった2018年の29万8690人から約3万6000人ほど減少した。

 ビジネスデーの初日(12日)は3万3465人、2日目(13日)は3万4977人、一般公開の初日となる3日目(14日)は9万1301人、4日目(15日)は10万2333人。過去最多だった2018年はそれぞれ、3万1961人、3万6356人、10万7310人、12万3063人で、ビジネスデーは大差なかったものの、一般公開日の減少が目立った。

 なお、今年から入場券は一般(中学生以上)2000円と昨年までの1200円から800円値上げされている。

 東京ゲームショウは、毎秋開催される世界的なゲーム展示会で、今年は家庭用ゲームやスマホゲーム、eスポーツ関連企業が国内外から650社以上が出展、1300タイトル以上が展示された。次回は、来年の9月24日から27日まで幕張メッセで開催する予定。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです