メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外アーモンドアイ2着 史上初8冠逃す 安田記念

原油価格は急騰 対応に追われる日本 サウジ石油施設攻撃

日本の原油輸入先(2018年度)

 石油施設が攻撃され、原油生産の半分が停止する事態に陥ったサウジアラビア。イランは関与を否定するが、米国はイランの関与を疑い、検証結果によっては報復する可能性を示唆した。原油価格は急騰し、原油輸入の約4割をサウジに依存する日本も対応に追われる。イエメン内戦をめぐるサウジアラビアとイランの対立が世界政治と経済を巻き込み始めた。

 トランプ米大統領は15日、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの石油施設が攻撃を受けた事件で「誰の仕業であるか特定する根拠がある。検証の結果次第では、臨戦態勢に入る」とツイッターに書き込み、報復行動に出る可能性を示唆した。

 トランプ氏は16日午前、再びツイッターに投稿し「イランはサウジへの攻撃に関与していないと言っているが、いずれ分かるだろう」と表明し、イランの関与を強く示唆した。ポンペオ国務長官は14日のツイッターで「イランが攻撃を仕掛けた」と断定的に批判している。

この記事は有料記事です。

残り1979文字(全文2382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

  3. 「アベノマスク」どう使う? 宮城の配布率20~30%「宣言解除後に届いても…」

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです